ホーム > イボ > 種類
2021年6月19日

アクロコルドンって何?

アクロコルドンは、
スキンタッグ・軟性線維腫
とも呼ばれる皮膚疾患です。

主に首や脇などの
摩擦が起きる部分
できやすいです。

ただ悪性のもの
ではありませんので、
治療しなくても
健康面では問題ありません。

しかし
首などの露出部に
多数できてしまうと
汚らしく見えてしまったり
衣類を着替える時などに
引っかかって
痛みを感じてしまうことも。

そのため美容面において
気にされる方が多いですね

アクロコルドンの症状

アクロコルドンは
直径2mm~5mm程度
ひどい場合は
それ以上の皮膚の突起が
多数見られます。

1つ1つは軟らかく、
形状は有茎性という
皮膚面との付着部が
細くなっているのものや
柱状、糸状、袋状、扁平隆起性
など様々です。

色は皮膚色や茶褐色、黒褐色など
こちらも人それぞれ異なります。

アクロコルドンの原因

摩擦や紫外線などによる
皮膚老化による皮膚の変化が原因で、
女性や肥満者に発症しやすいです。

また、
加齢も原因の1つであり
だいたい30代頃から
発症しはじめて
増えていく傾向もあります。

そのため
特に更年期を過ぎた女性には
よく見られます。

ただし中には
20代頃から発症する方も
いるので個人差はありますね。

アクロコルドンをケアするには?

イボの悩みだけでなく
肌トラブルは普段の生活習慣を
改善するところから
始めていきましょう!

そこで
今からでも簡単に始められる
お肌ケアをご紹介していきます。

毎日の洗顔を怠らない

お肌ケアの
基本中の基本が
洗顔です。

いくら良いスキンケア商品や
サプリメントに頼っていても
洗顔を怠っては意味がありません。

洗顔をする際は
ゴシゴシ洗うのではなく
泡立てネットでしっかり泡を作って
その泡でマッサージするように
丁寧に洗ってください。

ゴシゴシ洗ってしまうと
余分な皮脂をとってしまったり
逆にお肌にダメージを
与えてしまう可能性も
あるのでご注意を!

紫外線対策は十分に!

アクロコルドンの原因の一つでもある
紫外線をしっかり予防することで
お肌へのダメージを
軽減することができます。

紫外線を繰り返し浴び続けると
お肌のバリア機能が低下して
潤いを失ったゴワゴワなお肌に
なることも。

そうなるとお肌が
どんどん老化していき
アクロコルドンの発症
にも繋がります。

みなさん晴れた日には
紫外線対策をするのですが
意外と曇りの日には
紫外線対策をしないことも。

実は快晴の時より
雲の隙間から
わずかに光が差し込むような
日の方が雲からの散乱光が加わるため
快晴の時よりも
紫外線が多くなるんです。

晴れた日だけでなく
常日頃から
紫外線対策を心がけてくださいね。

ハトムギエキス(ヨクイニン)

ハトムギエキス
という成分は
昔からイボ対策として
言われている成分です。

主に
肌に栄養を与えて、
角層の新陳代謝を促し
肌のターンオーバーの乱れに
働きかけてくれます。

ターンオーバーとは
新陳代謝による肌の再生、
つまり
肌の生まれ変わりのことです。

基本的に27日周期
と言われていますが
紫外線や加齢、ストレスが原因で
周期が遅れたり
再生力が弱まることも。

肌のターンオーバーが乱れると
肌の老化にも繋がるので
しっかりケアしておきましょう。

ですので
化粧水などの美容品を購入する際は
ぜひハトムギエキス(ヨクイニン)
成分が入った製品を
選んでみてください。

私がおすすめする
ハトムギエキス入りの商品を見てみる>>

ibocare
MENU