ホーム > わらびはだ > 成分 > EGF
2021年3月5日

わらびはだ注目成分
「EGF」って何?

イボ対策として
好評のわらびはだには
様々な成分が
含まれているのですが、

その中でも注目したいのが
「EGF」という成分です。

EGFはアメリカの生物学者
スタンレー・コーエン博士が発見し
実は1986年には
ノーベル賞を受賞。

また、
EGFはヒトオリゴペプチド-1
とも呼ばれており
元々は人間が
生まれながらにして
持っている
タンパク質の一種です。

EGFの働き

EGFは人が元々持っている
肌細胞の再生能力を促進するもので

元々は医療の現場で幅広く使われており
火事や傷などで負傷した皮膚の回復に
役立っていた成分なんです。

その働きの活躍により
この成分が発見された当初は
1g8000万円もするほどの
高価なものだったみたいです。

そんなEGFが時を経て
コスト削減に成功し
スキンケアとしても利用できる
ようになったわけですね。

スキンケアとしてのEGF

EGFは元々
人間が持っている成分ですが
年齢を重ねるにつれて
徐々にEGFが失われていき
肌の再生能力が低下して
肌の老化などに繋がっていきます。

そこでEGFを
お肌に直接与えて
肌の再生能力を促進することで
肌のターンオーバーが
通常の周期に導かれるわけですね。

そんなEGFを
しっかりと配合したのが
わらびはだなんですね!

EGFがたっぷり配合されているわらびはだはこちら

ibocare
MENU